日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらい

日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員NURSEは給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。それから、薬についてですが薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。
自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。
結婚相手として男性から人気が高いナースが、独身の女性も多いです。しらべてみると、ナースをしている女性の結婚年齢については一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。
結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているというような事が主な理由のようです。社会に出たばかりの新卒看護師や、転職によって新しく働きだしたNURSEに、病院によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。
賃金を支払わずにサービス残業を指せるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならずはっきりと労基法に違反しているのです。行なった残業は、労働には違いありません。なので、労働した時間分はきっちり、働いた人に支給されるべきでしょう。
総合病院から介護施設までナースは多彩な場所で求人がありますが、病院外のナースの仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。
実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったりおこちゃまの世話が好きな方は理想的な職場だと思います。仕事の内容は、ナースとして子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。
職業上、ナースという立場では愛煙家が減っているように思います。実際のところ、印象通り、喫煙率は平均より少ないようですね。
病院で勤める以上、煙や臭いをつけないよう、注意している人が多い状況だと理解できると思います。NURSEと言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、どこの病院でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。
夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)をすることになり、上手くコントロールしないと上手く睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
看護師になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。
専門学校では、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ